学ぶカメラのおはなし(その1) ミラーレス一眼が健闘するデジタルカメラ市場!

Posted:2019年10月17日
 

 

1571281873_1.jpg

 

 

スマートフォンのカメラ機能の向上により、縮小傾向にあるカメラ市場で、ミラーレス(ノンレフレックス)カメラが健闘しています。

カメラ映像機器工業会(CIPA)の発表では、2018年度のデジカメ出荷額は前年度比8%減の約7,291億円。このうちミラーレスは、同23%増の約2,724億円を記録しました。

 

ミラーレスの中でも活況を呈しているのが35ミリメートルフルサイズのイメージセンサーを搭載したミラーレスカメラ。

スマホのカメラを圧倒する高画質と、持ち運びに便利なコンパクトさを武器に、カメラメーカーが次々に「フルサイズミラーレス」市場に参入しています。

2013年からフルサイズミラーレスに取り組んでいるソニーをはじめ、ニコンが2018年9月、キヤノンが同年10月、パナソニックが2019年3月にフルサイズミラーレス機を発売しました。

フルサイズミラーレスカメラは価格も高く、プロのほか、画質へのこだわりが強いハイアマチュア向けで一眼レフからミラーレスへの本格的な移行が期待されています。

 

 

1571281873_2.jpg

 

ここで、一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いを説明します。

一眼レフカメラは、被写体をレンズに通して、ミラーで反射(レフ)してファインダーから見ます。

要は、被写体を撮影レンズ(一眼)に通して、反射(レフ)させて見ることから「一眼レフ」と呼ばれるようになりました。

写したいシーンをファインダーで確認して、シャッターを押した瞬間にミラーがパカッと上に開いて、光信号を直接センサーに送り、1枚の写真となります

 

一方、ミラーレスはその名のとおりミラーがありません。

レンズが捉えた被写体を映像に変換し、それを「電子ビューファインダー」や「液晶モニター」に映します。

ミラーレスカメラはミラー機能がない分、カメラがコンパクトになります。

 

画質が同じだとミラーレスの方がいいような気がしますが、プロの世界では「一眼レフ」が主流です。

特に、スポーツシーンなど、瞬間でピントを合わせ、1/1000秒前後のシャッター速度で高画質な写真を撮るなどの場合、レンズの豊富さもあり、一眼レフカメラが使われています。

 

次回は、イメージセンサーのおはなしです。

  
関連情報
2019年11月15日 カメラのおはなし(その6) 動画撮影のテクニック② 基本の撮影方法!
2019年11月06日 カメラのおはなし(その5) 動画撮影のテクニック①メカニズムを知る!
2019年10月29日 カメラのおはなし(その4) デジカメの動画機能
2019年10月24日 カメラのおはなし(その3) 画素ってなあに?
2019年10月20日 カメラのおはなし(その2) 画質を左右するイメージセンサーとは!

   
  • NETIB NEWS
  • POUCH
  • ROKET NEWS24
  • 女性応援コミュニティ 輝く女性プロジェクト
  • ワールドワイズ
  • スマイルサーチ