QBCpickup【ジーコム調査】プレミアムフライデー実施で1か月の消費金額が「増えると思う」の割合が53.2%

Posted:2017年03月15日

 2017年2月24日より「プレミアムフライデー」が実施されました。

プレミアムフライデーとは、日本国政府および経済団体連合会を中心とした経済界が、

毎月末の金曜日に、普段よりもプレミアムな生活を推奨する個人消費喚起キャンペーンのことです。

 

給与支給日直後に該当しやすい月末金曜日、午後3時に仕事を終えることを奨励し、夕方に買い物や旅行などに充てることを推奨しています。

 

これを受けて、

福岡・九州のマーケティングリサーチ・市場調査会社「株式会社ジーコム」が今月9日、

福岡県在住の20歳以上558人の男女を対象に調査した結果を公開しました。

 

 

プレミアムフライデー実施前の認知度は8割以上。

20代の認知度はやや低いが、名称は広く知られているといえる。
2月24日(金)に始まったプレミアムフライデーについて、
「内容を詳しく知っている」「内容をある程度知っている」「名前を知っている」を合わせた認知度の割合は81.6%である。
・性別や職種別で、認知度に大きな差は見られない。
・年代別に見ると、20代の認知度は他の年代に比べて低くなっている。

 

1489453509_1.jpg

 

 

 

 

プレミアムフライデーの過ごし方は「自宅で過ごす」がおよそ6割でトップ。

その他の行動では、女性や20代で消費に積極的な傾向が見られる。
勤務者(会社員・会社役員・公務員・団体職員・派遣社員・契約社員)に対して、

職場でプレミアムフライデーが実施された場合の過ごし方を聞いたところ、

「自宅で過ごす」の割合が56.1%で最も高く、次いで「飲食」35.6%、

「金曜から出発する国内旅行」34.3%の順である。
・性別に見ると、多くの項目で女性は男性に比べて割合が高い。
・年代別に見ると、20代は「自宅で過ごす」の割合が他の年代に比べて低く、「飲食」「金曜から出発する国内旅行」「スポーツジム、運動」「美容院やネイル、リラクゼーション」の割合が高い。

 1489454251_1.jpg

1489454251_2.jpg

 

 

 

職場でプレミアムフライデーが実施された場合、過半数が月間消費金額は増えると回答。実施が進めば、消費拡大が見込まれる。
プレミアムフライデーが実施された場合の1か月の消費金額の変化については、

「増えると思う」「やや増えると思う」を合わせた増加層の割合が53.2%、

「減ると思う」「やや減ると思う」を合わせた減少層の割合が3.8%である。
・性別や年代別で、大きな差は見られない。

 

1489454251_3.jpg

関連情報
2017年03月22日 天神エリアの飲食店をおトクに楽しめる「TENJIN HAPPY HOUR」開催中!4月28日(金)まで
2016年10月12日 【ジーコム調査】今夏のバーゲン利用率は6割に及ぶも購入率は4割で減少傾向
2016年08月09日 【ジーコム調査】福岡県居住者の平均自由時間は平日3.3時間!子供を持つ既婚層は短く世代で大きな差
2016年07月14日 【ジーコム調査】福岡県居住者のスマートフォン所有率は5割以上!30代以下では8割を超えるという結果に
2016年06月10日 【ジーコム調査】博多の新たな商業施設・KITTE博多と博多マルイ 認知度は約9割!すでに〝行った〟人も3割を超えるという結果に!

   
  • NETIB NEWS
  • POUCH
  • ROKET NEWS24
  • 女性応援コミュニティ 輝く女性プロジェクト
  • ワールドワイズ
  • スマイルサーチ