学ぶ5分間経営学(その1)だから何?ピラミッド構造

Posted:2018年01月23日
 

1516667826_1.jpg

 

「5分間で納得!経営学」シリーズ始まりました。

できるだけ分かりやすくお伝えします。

創業特区の福岡市。創業を計画している方、創業したばかりの方、ベンチャー企業の経営者の方に少しだけ役に立てれば幸いです。

 

シリーズ第1弾は、「ピラミッド構造」。

ピラミッド構造といえば、会社の組織図を思い浮かべる人も多いと思いますが、今回の「ピラミッド構造」は、論理展開のフレームワークのことです。

 

上の図をご覧ください。

ピラミッドの一番上は、主張、結論、メインメッセージになります。

ピラミッドのどの階層をとっても、上段から下段に向かって「Why?(なぜなら)」と答えるという関係でつながっています。

「これは○○(主張)です」、「なぜなら、△△(根拠)だからです」という関係にあります。

 

一方で、下段から上段に向かっては「So What?(だから何)」という関係でつながっています。

話をしているときに「だから何なのよ!早く結論を言いなさい!」と言うのと同じ関係です。

 

「そんなのわかってる!だから何?」と言われそうなので、次に進みます。

下のピラミッドをご覧ください。

 1516667826_2.jpg
 

ツッコミどころ満載で、もっともっとピラミッドが下段に広がりそうです。

ピラミッド構造は、自社の商品やサービスだけでなく、すべての事象の論理構成のフレームとして使えます。

大切なのは「結論ありき」にならないことと、「モレなくダブリなく(MECE)」行うこと。

よくある過ちは、まず結論があり、それに都合のいい情報のみを集めて論理を組み立てることです。

 

「ピラミッド構造」の考え方は、ビジネスプランのプレゼンや銀行、株主などのステークホルダーへの事業説明にも役立ちます。

偏った結論に基づく論理では、関係者を説得できません。

創業時のビジネスプランのプレゼンでも、自社の商品やサービスに惚れ込むあまり、下段に穴の開いた「ピラミッド構造」も多く見受けられます。

 

ぜひ、みなさんもノートにピラミッド構造図を書いてみてください。

キーワードは「So What?(だから何)」!

 

 

1516667826_3.jpg

  
関連情報
2018年02月09日 5分間経営学(その3)思考を引き出す!マインドマップ
2018年01月31日 5分間経営学(その2)それはなぜ?ロジックツリー
2014年07月16日 QBC代表・杉本が九州産業大学で講演!テーマは「QBCのビジネスモデル」と「企業で採用される人材とは」

   
  • NETIB NEWS
  • POUCH
  • ROKET NEWS24
  • 女性応援コミュニティ 輝く女性プロジェクト
  • ワールドワイズ
  • スマイルサーチ