アジア【動画】学校法人宮田学園総長ががうきは市長と会談

Posted:2016年12月20日

 

日本最大級の日本語学校「西日本国際教育学院」を運営する学校法人宮田学園が
新設を検討している「国際貢献大学(仮称)」の候補地のひとつとして、
福岡県南のうきは市を挙げていますが、
12月19日午前、宮田道郎学園総長や宮田智栄理事長ら幹部がうきは市を訪れました。

対応した高木典雄うきは市長は、
「筑後川の恵みの恩恵を受け、きれいな水と肥沃な大地がある。
うきは市はフルーツの里と呼ばれているが、コメも麦も野菜もさかんで、農業分野を学ぶには最適の場所です」と
市の魅力をピーアールしました。

学校法人宮田学園は、新設する大学に農学部を作る計画で、
キャンパスの候補地として、学園総長の故郷である熊本県八代市、福岡県うきは市など、いくつかの候補地を挙げています。

この日は、廃校になったばかりの県立うきは東高校跡地を視察し、
土地や建物がキャンパスとして利用可能かどうかをチェックしました。

学校法人宮田学園は、2017年春から、グループ校の国際貢献専門大学校に4年制を設けるなど、
日本語学校から社会に出るまでの一貫教育を推し進めています。


学校法人宮田学園

http://miyatagakuen.ac.jp/

 

 

 1482151681_1.jpg

 

1482151681_2.jpg

関連情報
2017年06月16日 【動画】宮田学園の留学生が日本語でスピーチ&プレゼン大会
2017年04月10日 【動画】国際貢献できる人材を目指して、336人が入学!国際貢献専門大学校で入学式
2017年04月06日 【動画】新しく生まれ変わる「学校法人宮田学園」、総決起大会を開催!
2017年03月24日 151人が新たな世界へ!学校法人宮田学園「国際貢献専門大学校」で卒業式!
2017年03月13日 【動画】モンゴルオリンピック関係者が3月10日、学校法人宮田学園を表敬訪問

   
  • NETIB NEWS
  • POUCH
  • ROKET NEWS24
  • 女性応援コミュニティ 輝く女性プロジェクト
  • ワールドワイズ
  • スマイルサーチ