トピックス

「コガコーラ」と「トモビタンC」と「三菱サイダー」を飲んでみた!

Atacched File

ココは九州、福岡県みやま市。福岡市から60kmほど南に行ったところに天然炭酸水が湧き出すことで有名な「長田鉱泉」がある。この長田鉱泉場近くのの物産館「鉱泉の駅」に取付けられた赤い自動販売機がいま大人気だ。

それもそのはず、日本で唯一ココでしか手に入らない天然炭酸水を原料とした「コガコーラ」が販売されているからなのである。
この幻のコーラといわれる「コガコーラ」は、1960年代に古賀飲料工業所が製造販売していたものを1年前に地元の商工会が復刻、口コミで広がり、今でも1日100本以上も売れているという。

この自動販売機では「コガコーラ」といっしょに、九州各地のご当地飲料が売られている。なかでも人気なのが佐賀県友桝飲料製の「トモビタンC」と熊本県弘乳舎製の「三菱サイダー」。
もしかして「バチモン三兄弟」ではないかと疑ってしまったが、どれもこれも本格的なテイストで、地元ではメジャー製品よりファンが多いという。

取材に行った日はたまたま土曜日だったため、土日しか開店していない地元物産館「鉱泉の駅」も開いており、多くの観光客でにぎわっていた。
北九州からドライブに来たというカップルは、自動販売機で売っているご当地飲料をクーラーボックスいっぱいに買い込んで帰っていった。

物産館「鉱泉の駅」の坂田伸二駅長によれば「コガコーラは地域振興のために復刻されたものですから、今後もココ以外で販売することはありません。」「わざわざ遠くから来られる方のために品切れしないようにがんばっています」という。
物産館でお土産用に「コガコーラ」を買うと、なぜかしらていねいに英字新聞で包んでくれる。
物産館「鉱泉の駅」営業時間 毎週土日のみ 10:00?16:00
赤い自動販売機 営業時間 毎日 7:00?19:00

Atacched File

泉の地層を説明する物産館「鉱泉の駅」坂田伸二駅長


Atacched File

Atacched File

多くの人が「コガコーラ」を求めてやってくる物産館「鉱泉の駅」

Atacched File

坂田駅長の妹、鉱泉娘で有名な「めぐみ」さん。

Atacched File

自動販売機で購入できるご当地飲料をまとめ買いするカップル。

Atacched File

これまた幻のコガコーラグラス、包装紙はなぜか英字新聞。

CATEGORY|ニュースカテゴリー

QBC PICKUP

PAGEUP