きれい〈美容コラムvol.2〉乾燥は「シワ」「たるみ」「肌荒れ」の直接的な原因だった

Posted:2014年11月07日



寒くなるこの季節、、急激な気温の変化とさらには夏にあびた紫外線の影響で、肌に「かさつき」「ざらつき」「かゆみ」などが出やすくなってきます。
お肌が乾燥すると皮膚が潤いを失くし、固く柔軟性を失った表皮には「シワ」が刻まれ、水分が減った肌はハリや弾力が失われて起こる「たるみ」ができ、肌の柔らかさや透明感を失い、「ざらつき」「くすみ」が目立つようになります。
若々しく健康的な肌を維持するためには『乾燥から肌を守ること』『肌の保湿力を回復させること』が大きなポイントです。



 1415260593_1.jpg

乾燥から肌を守る

・洗顔料やボディソープ(石鹸)の選び方、又適正な量を使うこと
肌質によって自分にあったものを選ぶことが前提です。
過剰な量は必要な皮脂まで落としてしまう上、すすぎ残しにもつながり肌トラブルを招く
原因になります。
ちなみに、洗顔後(お風呂上がり)は何よりもまず保湿をすることが大切です。


・暖房の温度を少し低めに設定する
環境省の推奨は暖房時の室内温度20℃ですが、体に無理のない程度に参考にしつつ、
寒ければ、1℃あげるより、1枚多く着てみてはいかがでしょうか。


・部屋の湿度に気をつける
人間にも家にも45%前後が最適な湿度と言われています。
加湿器を稼働させる他、洗濯物を室内干しにするだけでも湿度は保てます。

 

 

潤いを回復させる

・スキンケアを念入りに
日常的な慣れからつい適当になっていませんか?パックなどスペシャルケアを
取り入れるとグンと変わってきます。


・こまめに水分をとる
美肌にいいとされるビタミンCが含まれるローズヒップ、アセロラ、緑茶など
できれば温かい状態で飲むと体も冷やさずおすすめです。


・ビタミンA・B・E「美肌ビタミン」を摂取する
ビタミンA…不足すると乾燥肌をまねくものです。ねぎ・えだまめ・にんじん・春菊・チンゲン菜・レバー・鶏肉に多く含まれています。
ビタミンB…肌荒れに効果的といわれます。豚肉やレバー・チーズ・海苔・アーモンド・アボカド・小松菜などにも含まれています
ビタミンE…別名「若返りビタミン」といわれます。大豆・ナッツ類・ほうれん草・たらこ・ごま油や卵黄に豊富に含まれています。


・正しい睡眠をとる
皮膚の細胞を再生する「成長ホルモン」が働くのは寝ている時にしか出ず、
そのピークは21時~23時なのだそうです。
可能な限り、日が変わる前には眠りにつくように心がけるといいでしょう。


間違ったケアは乾燥を加速させる


・ゴシゴシと肌を洗ったり、拭いている
皮膚が傷ついてしまい、乾燥やかゆみを悪化させることになるので優しく洗いましょう。

・寒いのでお湯で顔を洗っている
熱いお湯で洗うと皮脂まで落としてしまい、かさつきやつっぱりの原因になります

・シートマスクの長時間使用
時間とともに、乾燥したシートに肌の潤いが逆に奪われてしまいます。 
メーカーによって異なりますが、10~15分を目安に使うといいようです。

乾燥が肌に及ぼす悪影響を知ることで、どのような対処をすれば乾燥が改善していくのかのケア方法がわかり、乾燥に対する意識も高まります。
これを機にいますぐ乾燥対策を始めましょう!




 
  
関連情報
2019年06月30日 【動画】きらめき☆ウーマン316 「BELLE COLLECTION 2019」井村麻鈴さんと立根彩菜さん
2019年06月29日 【動画】きらめき☆ウーマン315 「BELLE COLLECTION 2019」SOONSIKIモデルのJi YoungさんとHWAIさん
2019年06月27日 【動画】きらめき☆ウーマン314 「BELLE COLLECTION 2019」LOUISモデルのAYANOさん
2019年06月25日 【動画】きらめき☆ウーマン313 「BELLE COLLECTION 2019」fevのひなたさん、MAIさん、koharuさん
2019年06月24日 【動画】きらめき☆ウーマン312 「BELLE COLLECTION 2019」MCのYURIさん

   
  • NETIB NEWS
  • POUCH
  • ROKET NEWS24
  • 女性応援コミュニティ 輝く女性プロジェクト
  • ワールドワイズ
  • スマイルサーチ