イベント【動画】終戦75年目に伝える 戦争を知らない若者たちの平和活動!「少年少女みなみ」九州国際フェスティバル開催!

Posted:2020年08月16日
 

 

1597501289_1.jpg

 

 

 

8月13日、福岡市中央区・中央市民センターで「少年少女みなみ」主催の「九州国際フェスティバル」が開催されました。

 

「九州国際フェスティバル」は、芸術・教育・平和活動を理念とし、国際交流を目的に開催されています。

コロナ禍の今年は、海外からのゲストは来日できませんでしたが、「教育と平和のステージ」、「芸術のステージ」の2部構成で行われました。

 

「教育と平和のステージ」では、「少年少女みなみ」のメンバーが、朗読劇「おかあさんの木」と「月光の夏」を演じました。

「芸術のステージ」では、ピアニストの久保山菜摘さんやオペラ歌手の渋谷ちかさんなどが登場し、音楽コンサートが行われました。

 

ステージの模様は、後日、J-COMテレビで放映されるほか、DVD化も予定されているそうです。

 

今回は、「少年少女みなみ」のみなさんが演じた朗読劇「おかあさんの木」と「月光の夏」の一部を【動画】でお伝えします。

 

<少年少女みなみfacebook>

https://ja-jp.facebook.com/syounensyoujyominami/

 

<おかあさんの木>

児童文学作家・大川悦生が1969年に発表した戦争を題材にした文学作品。

小学校の国語の教科書にも近年まで収録され、2015年には終戦70年目の節目に、鈴木京香さん主演で映画化された。

昭和初期、母は七人の息子と暮らしていた。

やがて日中戦争を皮切りに日本が戦争に入ると息子たちは次々に召集され、戦地へ赴いていった。母は息子が出征するたびに裏の空き地に桐の木を植え、息子が不在の間、代わりとなる桐に語りかけて息子たちを励まし続けた。

戦争が終り、母は息子たちが帰って来るのを心待ちにして、自分が植えた七本の桐の木に絶えず語りかけていた・・・

 

<月光の夏>

実話を元に創作された毛利恒之によるドキュメンタリー小説、1993年に映画化された。

太平洋戦争の末期の1945年初夏、鳥栖国民学校(現鳥栖市立鳥栖小学校)を、陸軍の二人の特攻隊員が訪れた。

「私たちは、明日出撃します。死ぬ前に、もう一度思い切りピアノを弾きたいのです。ここにはグランドピアノがあると聞いて、やってきました。」

翌日特攻隊として知覧(鹿児島県)へ向かう特攻隊員。今生の思い出にどうしてもピアノを弾きたいと、目達原駐屯地(現三田川町)から歩いてきたという。

隊員は、ベートーベンのピアノソナタ第14番「月光」を弾き、戦地へ向かった・・・

 

 

1597499811_1.jpg

 

 

1597499811_3.jpg

 

 

1597499811_4.jpg

 

 

1597499811_5.jpg

  
  • NETIB NEWS
  • POUCH
  • ROKET NEWS24
  • 女性応援コミュニティ 輝く女性プロジェクト
  • ワールドワイズ
  • スマイルサーチ