QBCpickup疫病退散キャラクター・妖怪「アマビエ」博多人形で登場!

Posted:2020年04月24日
 

 

1587681947_1.jpg

 

 

「知らないうちに、拡めちゃうから。STOP!感染拡大」というキャッチフレーズとともに厚生労働省のロゴに登場した妖怪「アマビエ」。

厚生労働省では、「疫病から人々を守るとされる妖怪・アマビエをモチーフに、若い方を対象とした啓発アイコンを作成しました。」として、国民に不要不急の外出や3密を避ける行動への協力を呼びかけています。

 

妖怪「アマビエ」は江戸時代後期の1846年(弘化3年)、肥後国(現在の熊本県)に出現し、疫病の発生を予言したとされる妖怪。当時の瓦版で「病気が流行したら自分の姿を写して人々に見せるように」と言って海中に消えたと伝えられています。

この伝説から、厚生労働省の疫病退散のキャラクターとして採用されました。

 

 

1587681947_2.jpg

 

△アマビエ伝説が記されている江戸時代の瓦版(京都大学附属図書館収蔵)

『肥後国の海中に毎夜光るものが出るので、そこの役人が行って見てみると図のような者が現れ「私は海中に住むアマビヱという者。今年から6年間諸国は豊作、しかし病が流行、早々に私を写して人々に見せなさい」と言って海中に入っていった。右は写し役人から江戸に申し来た写しである』

 
 

1587681947_4.jpg

こうしたなか、博多人形作家の戸畑茂四郎さん(71)が新型コロナウイルスの封じ込めを願い、疫病退散の博多人形・もしろう人形「妖怪アマビエ」を制作しました。

「早く学校が始まって友達に会いたい」という5人の孫たちの願いが叶うよう、アマビエに思いを込めて制作したそうです。

 

いまだ終息が見えない新型コロナウイルスの猛威。

伝説の妖怪「アマビエ」が多くの人々の目に留まり疫病退散となるのか?!

「神頼み」ならぬ「妖怪頼み」で早い終息を願う!

 

博多人形作家・戸畑茂四郎 プロフィール

昭和23年 福岡市生まれ

昭和40年 国指定現代の名工 初代・戸畑茂四郎(父)に師事

平成 6年 二代目 茂四郎を襲名

伝統工芸士

西武工芸展、福岡市美術展、博多人形新作展ほか入賞

販売サイト

https://www.gatou.co.jp/new/

 

 1587681947_3.jpg 
 

 

1587681947_5.jpg

関連情報
2021年07月03日 博多祇園山笠「飾り山笠」が福岡市内12ヶ所に登場!7月15日未明まで
2021年06月19日 【動画】「公園飲み」規制中の福岡市天神・警固公園!「宣言」解除後も一部封鎖継続へ!
2021年05月10日 いよいよ福岡市でもワクチン接種開始!まずは75歳以上5月12日より予約開始!
2021年02月12日 【動画】東京・緊急事態宣言期間中の秋葉原と成田空港!
2021年01月13日 リアルが中止となった「TOKYO AUTO SALON 2021」はオンラインで開催!

   
  • NETIB NEWS
  • POUCH
  • ROKET NEWS24
  • 女性応援コミュニティ 輝く女性プロジェクト
  • ワールドワイズ
  • スマイルサーチ